スタッフブログ

【保存版】マニラ行き おすすめ航空券 トップ3

おすすめ航空券

留学を控えている方の中には、どの航空券を購入したらいいのか迷っている人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、JICのスタッフがこれまでの経験や生徒さんから集めた情報を元にした、日本からフィリピンの首都 マニラ に向かう おすすめ航空券 トップ3を紹介します。

ただ安い航空券を買えばいいと思っている方も多いかもしれませんが、それだけでは不十分です。マニラ行きの航空券を選ぶ際には、チェックしておきたい項目がたくさんあるからです。この記事ではそれを詳しく説明していきます。

これを読めば、あなたがどの航空券を買うべきかがすぐに分かるでしょう。

マニラ に向かう航空会社を選ぶ際に注意すべき3つのポイント

まず始めにフィリピンに向かう航空会社を選ぶ際に注意すべき3つのポイントをお教えします。

その1 航空券の値段
その2 到着するターミナルの設備
その3 到着するターミナルの治安

マニラ空港には3つのターミナルがあります。航空会社の選択によって、どのターミナルに発着するのかも変わってきます。

ターミナルの情報にこだわる理由は、ターミナルによって治安や環境が大きく異なるからです。ターミナル選びは、あなたがピックアップを利用する際に大きな影響を与えます。

そのため値段だけで航空券を決めずに、総合的に見てお得な航空券を購入して欲しいのです。

絶対に知っておきたい おすすめ航空券 ベスト3

第1位セブ・パシフィック航空

航空券の値段 安い(往復約4万から6万円)
到着するターミナル 第3ターミナル
到着するターミナルの治安 ☆☆☆☆☆
到着するターミナルの設備 ☆☆☆☆

第1位は、フィリピンの航空会社セブ・パシフィックです。セブ・パシフィックが第一位に輝いた理由は、航空券が安い上に発着ターミナルが綺麗で安全な第3ターミナルである点を評価しました。成田、関空、名古屋と各地からの運航網を築いていることも強みです。

加えて、バギオと空港を結ぶノンストップエクスプレスバスを使用することができるので、マニラでタクシーを拾う必要もなく、帰路も安心して移動することができます。

※関連記事 バギオからマニラまで

第2位フィリピン航空

航空券の値段 少し高め(往復約5万から8万円)
到着するターミナル 第2ターミナル
到着するターミナルの治安 ☆☆☆
到着するターミナルの設備 ☆☆☆

第二位はフィリピン航空です。

フィリピン航空は、発着空港が第二ターミナルであり、人気のない第一空港よりはマシという点と、成田、羽田、関空、名古屋など日本からの直行便も多数飛んでいる点を評価しました。

恐らく他の二つの航空会社と比べ値段は少し高いことが多いかもしれませんが賢い選択肢のひとつです。

第3位ジェットスター航空

航空券の値段 安い(往復約4万から6万円)
到着するターミナル 第1ターミナル
到着するターミナルの治安
到着するターミナルの設備

第三位は、ジェットスター航空です。

ジェットスターといえば魅力は値段。値段の安さではセブ・パシフィックに劣らないでしょう。ただし、発着ターミナルが設備も治安も悪い第一ターミナルであることや関西国際空港からの便しかない点でセブ・パシフィックやフィリピン航空と比べるとマイナスポイントとなりました。

マニラ空港3つのターミナルの特徴

第1ターミナル

航空 会社 ジェットスター航空、日本航空(JAL)
設備  ☆
治 安  ☆
強み  特になし。
弱み  何より治安が悪い。警察ですら賄賂を要求してくる。空港内の設備は現在行われている改装工事によって改善の兆しが見えるが、総合的に見ておすすめできるターミナルとは言えない。航空券とパスポートがなければ中に入れないのでアカデミーのピックアップスタッフが外で待たなければいけないのも難点。

第2ターミナル

航空 会社 フィリピン航空
設備  ☆☆☆
治 安  ☆☆☆
強み ターミナルが綺麗で治安もいい。
弱み 日本からの発着便はフィリピン航空のみなので航空券選びの際、選択肢が限られてしまう。フィリピン航空は少し値段が高め。航空券とパスポートがなければ中に入れないのでアカデミーのピックアップスタッフが外で待たなければいけないのも難点。

第3ターミナル

航空 会社 セブパシフィック航空、全日空(ANA)
設備  ☆☆☆☆☆
治 安  ☆☆☆☆
強み 一番おすすめのターミナル。設備も綺麗な上に、カフェやレストラン、仮眠がとれる綺麗な有料ラウンジなどお店も充実。ピックアップの時間より早めに付いてしまっても身体を休めることができる。航空券がなくても空港内に入ることが可能なので、ピックアップスタッフが空港内の到着エリア付近で待つことができるから生徒を見つけやすい。 ターミナル3発着のセブパシフィック航空は値段も安いので利用をおすすめしている。 加えて、バギオから第3ターミナルまで直行する高速バスもあるので帰りも便利。
弱み 特になし。

まとめ

いかがでしたか?

航空券を選ぶポイントが値段だけでは不十分であることがお分かりいただけたと思います。

ターミナルによって、あなたがピックアップを利用する際の安全度や快適度が大きく変わってきます。なので、しっかりと発着ターミナルの特徴を知った上で航空券選びをする必要があるのです。

この情報を参考にして賢い航空券選びをするようにしましょう。


コメントを残す

*