留学体験談

マニラで念願のマッサージの資格を取得|ゆうこさんの体験談

Yuko2

今回の記事では、2016年6月から半年間バギオJICで学生マネージャーを務めてくれた ゆうこさんの体験談 をご紹介します。

将来は、マッサージ師として世界中で働いてみたいというゆうこさん。

そんな彼女が、なぜ学生マネージャーに挑戦したのか日本人マネージャーのタカシがインタビューしました。

彼女の想いをご覧ください。

ゆうこさんの体験談

なぜ、バギオJICで学生マネージャーをやろうと思ったのですか?

英語を勉強したかったからです。大学の時から留学への興味がありましたが、その当時は留学を決断するまでに至らなかった。また、就職した会社の研修ではECCがありましたが、身が入らずに怠けていました。

なので、海外に行った方が自分の為になると思っていた時に、学生マネージャーのお話を頂いたので、お世話になることに決めました。

実際に学生マネージャーの仕事をしてみて、自分の為になりましたか?

自分自身で自信を持つことができたと感じています。
生徒でありながらも学校運営に携わることできるやりがいのある仕事です。

例えば、
業務改善の為に新しいフォーマットを作れば、それをすぐに現場に取り入れて実践できるのです。
小さなことですが、私でもやればできるということを学びました。

また、一緒に働く仲間に恵まれてた点も大きいです。
「ダメなことは叱る、良いことは褒める」

それができる愛のあるスタッフの方々に、感謝しています。

なぜ、マッサージの資格を取ろうと思ったですか?

理由は2つあります。1つ目は、マッサージをするのが好きだからです。

なぜかというと、私は「空間」に興味があります。

ある日のこと、中学時代の同級生と話をしていた時に、将来のことをお互いに話していました。その時、私が「カフェをやりたいんだよね」と友人に言ったら「コーヒー好きなの?」と聞き返されました。

そこで感じたことが、私はカフェをやりたいのではなく、カフェのような癒しの空間が好きなのかなと。実際、コーヒーに興味はなく、人に癒しを与えることに興味があるのだなと友人の言葉のおかげで気付くことができました。

2つ目は、複雑な道具を使わずに世界中で働けるようになりたいからです。

時間もかからず、すぐに人の為になれるじゃないですか。物を準備すると、すぐに動けないし、人も同じく必要ですよね。極力身軽を求める人間なので、単純に手で稼げる上に癒しの空間を作ってあげることができたら良いですね。

マニラのどこでマッサージの資格が取れるのでしょうか?また、期間はどれくらい必要ですか?

マカティシティにあるHilot Academy of Binabaylanという学校です。

Hilot Wellness Massage NC2のカリキュラムをチュートリアル式で学習後、フィリピンの教育庁であるTESDAの試験を受けることができます。合格者は、TESDAから証書がもらえます。

ちなみに、私のコースは最長で20日間でした。

実習をしていた時の様子を教えて下さい。

今までの人生で、1日5時間もマッサージをしたことがなかったので、体力的にきつかったです。これは、慣れてくれば大丈夫だと思っています。

しかし、顧客様がリラックスしているのを実感できると、嬉しさを隠せずにいました。それだけ、人の感情を察することができるのかもって勝手に思ってます。また、実習を繰り返すたびに、人体の仕組みやマッサージに関する知識が増えていくことで、毎日が充実していました。

Yuko3

今後の目標は何か考えていますか?あれば、教えて下さい。

まずは、マッサージの技術を磨くことです。妊婦さんと赤ちゃんへのマッサージに興味があるので、もっと勉強したいですね。

いつか、旅行先でさらっとマッサージをしてあげられるようになりたいです。

路上で絵を描く人がいるみたいに、私は路上でマッサージをしてあげる。そんな夢を叶えたいと思っています。

ゆうこさんと同じように、自分を変えたい人へメッセージをお願いします。

世間体など気にせずに、今やりたいことがあるなら思い切ってやってみて下さい。

それがわからない人は、誰かに相談してみると良いと思います。

必要なのは、「何かを捨てる覚悟」だと思います。

その代わり、違う何かが入ってくるし、応援してくれる人も出てくるでしょう。

周りを気にしすぎる怠け者で、甘えん坊な私でもやれることはありますから、誰にでもできます。

勇気を持って行動するだけです。

上手に英語を話せない私を半年間雇ってくれたJICには、本当に感謝しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ゆうこさんは、英語力に不安を感じていたのにも関わらず、覚悟を決めてJICの学生マネージャーを全うしてくれました。

本人が言うように、「覚悟」を決められる覚悟があることが大切だということを、彼女の言葉から感じることができます。

そんな彼女が、いつか世界中の人たちにマッサージを通じて、癒しを提供してくれることを願っております。

Yuko1


コメントを残す

*