スタッフブログ

カフェインターンシッププログラムに潜入取材!【ワーホリ】に活かす!

カフェインターンシッププログラム

今回の記事では、2017年1月からスタートしたバギオJICの カフェインターンシッププログラム の様子をお伝え致します。

これから、ワーキングホリデーをお考えの方や実際に英語を使って仕事体験をしてみたい方などから高い人気を誇るこのプログラム。

実際、どんな風にJICがこのプログラムをご提供しているのか、日本人マネージャーの私(Takashi)が潜入取材してきました。

その様子をお伝えします。どうぞ、ご覧下さい。

カフェインターンシッププログラム の最大の魅力とは

実際に、現地のローカルカフェにて就業体験ができること!

語学学校で英語学習はしたものの、留学中に仕事で英語を使う機会はそう多くはありません。

そんな中、バギオJICでは現地のカフェと提携することにより、英語を使って「行動」を起こさせるきっかけ作りを生徒様にご提供しております。その1つがこのインターンシッププログラムです。

なぜ、このような形にしたのか。それは、生徒様に英語で仕事をしてみるという実感をしてもらいたいと思ったからです。

あなたが学生時代に初めてのアルバイト経験をしようと思った時のことを思い出してみて下さい。初めて企業に電話し、指定された書類等(履歴書など)を持参して、実際に企業のスタッフさんと面接をする。そして、初めての仕事の時にやたらと緊張したと思います。私は、実際そうでした。

英語も同じようなことが言えると思うのです。英語を習ったのは良いものの、慣れ親しんだ友人や学校の講師陣との会話が中心になってくるのは、留学中では当然のことです。

しかし、ワーキングホリデーなどで、実際に仕事の場で英語を使うようになったら、従業員を雇う企業や顧客様との信用に関わって来ますので、責任感が全然違ってきます。

このことは、肝に命じておきましょう。

バリスタOJTプログラム2

現場での会話があなたの自信を増やすことになる。

私も2年前にJICで留学していたのでわかるのですが、学校内で英語学習を続けていくと雰囲気になれていき、気軽に英語が話せるようになってきます。

しかし、いざ学校外に出てみると現地人の発音が聞きにくかったり、自分の言葉が思うように通じなかったりすることもあったりするんですね。でも、それでもめげずに話すことが大事です。

インターンシッププログラムでも同様です。現地人スタッフと一緒に仕事をしますので、コミュニケーション能力が問われます。でも、ここで必要なのはあなたの「英語力」だけではないということがおわかりになることでしょう。

直接、ワーキングホリデー時に英語を使って仕事をしようとするよりも、このインターンシッププログラムで英語を使って就業経験をして頂いた後にワーキングホリデーに行くのでは、あなたのモチベーションが変わってくるはずです。

なので、このプログラムを受けた後に欧米圏へ行くことにより、スムーズに現地の環境に慣れやすくなると思います。

他の学習コースと組み合わせることが可能!

バギオJICには、ワーキングホリデー準備コース以外にも、日本人に人気なバランス重視コース、マンツーマン重視コースなどがございます。コース一覧はこちらから

当初は、ワーキングホリデー準備コースを受講している方のみに、こちらのプログラムをご提供していました。

しかし、他のコースを受けている生徒様からのご要望があり、違うコースを受けている方でもご都合さえ合えば、受講をすることが可能となっております。

例えば、卒業前の4週間でインターンシッププログラムを受けてみても良いかもしれません。

インターンシッププログラムの様子を動画で見る

実際に、当校のインターンシッププログラムを受けて頂いた生徒様の様子を動画でチェックしてみましょう。

インターンシッププログラムを受講した生徒様の声を集めてみた

なぜ、Baguio JICのインターンシッププログラムを受講しようと思ったのですか?

・英語を使用した実践的なことを学べると思ったため

・実際に外国の職場で働いてみてから、ワーホリに臨みたかったため。

・オーストラリアでローカルのカフェの仕事がしたくて、ここでは実際にカフェでの仕事を体験出来るので受講しました。

実際にこちらのプログラムを受けてみて、いかがでしたか?

・ホイップミルクの難しさ

・カフェで使える英単語と、職場の雰囲気。

・良い経験になりました。実際に作って提供も出来たし英語も話す機会が多かったので勉強になりました。

最後に、このプログラムをお勧めしたい方へ一言お願い致します!

・時間に余裕がある方にお勧めです!

・実際に外国の職場で、短期間ながらも職場体験できるので、ワーホリを考えている方には是非お勧めしたい。

・とても良い経験になると思うので、現地の人にたくさん質問もしてみるといいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

なぜ、JICのインターンシッププログラムが生徒様から喜ばれるのか、その理由がおわかりになったと思います。

私も2年前にワーキングホリデーに行きましたが、思うように行かなくて失敗した一人です。

なので、私のように失敗をして欲しくない為にもこちらのプログラムを開発致しました。

あなたの欧米での夢を応援させて頂きます。ぜひ、バギオJICでお待ちしております。


ワーホリで渡航されたBaguio JIC卒業生の声を聞いてみませんか?

これからワーキングホリデーをお考えで、フィリピン留学を視野に入れている方は必見!
Baguio JICを卒業し、ワーキングホリデーに向かわれた先輩たちの声を聞いてみたいとは思いませんか?
彼らもあなたと同じように英語学習に不安をもちながら、思い切ってフィリピン留学に足を踏み入れました。このアンケート結果を読むことで以下の3つのメリットが得られます。

①なぜ、ワーホリ前にフィリピン留学をするべきなのかメリットがわかる。

②Baguio JICからワーホリに向かわれた先輩方のアドバイスが聞ける。

③Baguio JICでのフィリピン留学を戦略的に活かす方法がわかる。

本気で英語を学び、ワーホリを充実させたいと決意したあなたを信じて、この情報を無料でお届けします。以下のリンクよりアンケートを入手して下さい。

アンケート結果を入手する

コメントを残す

*