留学体験談

アメリカでの経験から海外留学を考えた|コトヨさんの体験談


今回の記事では、バギオJICに5ヶ月間滞在してくれた コトヨさんの体験談 をご紹介します。現在は、マニラで日本語教師として奮闘しているコトヨさん。

そこで、日本人マネージャーのタカシがマニラに出向き、彼女にインタビューをして参りました。

将来は、海外で働き続けることを目標とし、当初4ヶ月JICに滞在しながらも、1ヶ月延長し5ヶ月間バギオJICに留学をして下さいました。

そんな彼女のインタビュー記事をご覧ください。

コトヨさんの体験談

なぜ、留学をしようと思ったのでしょうか?

元々は、海外旅行が好きで海外に住めたら良いなと思っていて、英語もついでに話せたらなと理想を描いていました。

なので、日本で英語学習に取り組もうと英会話教室にチャレンジしたり、自分でテキストを買ったりしてみましたが、なかなか身が入らず挫折しました。

そんな中、アメリカに住む友人宅に3ヶ月滞在するきっかけがあって現地に滞在した時、海外で英語を学んだ方が良いだろうと気付けたのです。

なぜなら、そこには日本では感じることができなかった英語環境があり、耳が慣れたのを実感!

留学するしかないと決めたのです。

なぜ、フィリピンのバギオを留学地として選んだのでしょうか?

当初、欧米圏を考えていたのですが、やはり費用が高いということで却下し、リーズナブルな値段で留学できるということで、フィリピンを選びました。

フィリピンといえば、セブというイメージが私にはありましたが、なるべく日本人が多い場所を避けたいと思い、有名な観光地は避けて違う地域が良いということを、留学代理店のご担当者様に相談したところ、バギオを紹介してくれたのです。

他の地域とは違うモダンな街で、高貴な人たちが多いこの街に語学学校があることを知ったのです。そして、JICに決めた理由は、ユニークなシングル部屋がある上に、私と近い年齢層の方も来ているということが決め手となりました。

留学する前の不安と、実際に来てみてのギャップはありましたか?

最初は、フィリピンのイメージは、あぶないという印象が強かったです。友人にも「何で留学地にフィリピンなの?」と言われるくらい。また、バギオは「田舎で何もない」という印象を持っていました。

しかし、実際に留学してみるとバギオの町並みは、日本にはない風景がたくさんあり、山の斜面にたくさんの家が建っているのがすごく印象に残っています。あと、セッションロードの人の多さ!バギオは、お洒落なカフェもたくさんあって、驚きました。中心部は、立派な街ですよね。

また、野菜・果物が豊富であるという説明を受けまして、食の質も他の地域に比べたら違うよと言われたのですが、実際にその通りで毎日の学食には満足でした。

むしろ、たくさん食べて太ったことに気づいて、気をつけようと思ったくらいです。

実は、私の友人にフィリピン留学をした人がいますが、1ヶ月で戻ってしまいました。その理由は、毎日同じ料理ばかりが出るところだったみたいで、飽きが出てしまったそうなのです。

なので、バギオならそのような心配はないって実感しました。

実際にバギオJICに滞在し、英語力の変化は感じましたか?

自分で学習した分は、自分に返ってきたと思っています。正直、学習の伸びは自分次第だと感じています。私の場合は、日本人同士でも英語を使うように心がけ、英語を使う時間を増やす工夫をしました。
そのおかげで、授業中でも英語を使うことに慣れていき、徐々に自信が付いたと思います。
初めの頃の授業は、先生の会話なんて全く理解できなかったです。

でも、それで良いのです。わからないなりに学習を続けることが大事なのだと思います。私は、3ヶ月目くらいから先生との授業の中で、知っている単語を聞くことができるようになりました。

そうやって、徐々に自己の成長に気づいて、楽しく英語学習を続けられたと思っています。

なぜ、1ヶ月ご延長して下さったのでしょうか?

実は、韓国に留学した経験を持っています。その時に、3ヶ月間では足りないと思い、6ヶ月間留学したんです。

なので、JICでも当初6ヶ月の留学を考えていたのですが、仮に生活が合わなかった場合のリスクを考えた方が良いと留学代理店様からアドバイスをもらいまして、4ヶ月で留学しました。

だけど、やっぱり6ヶ月滞在したいと思って2ヶ月延長しようと思いましたが、お部屋の空きがなかったことで1ヶ月の延長となりました。それでも、充実した生活を十分送れたことに間違いありません。

今後の目標があれば教えて下さい。

JICAに挑戦したいです。しかし、年齢を考えてしまうと中々踏み出せなくて。

例えば、結婚ですよね。

理想は、海外で繋がりを持っている人と結婚して、お互いに挑戦できる環境が欲しいです。
タカシさん、どなたか紹介して下さい(笑

最後に、フィリピン留学をお考えの方へメッセージをお願いします!

実際に、今マニラに住んでいて思うのが、気温の違いです。バギオは、本当に涼しいところで、1年中エアコンが不要なので女性の方にもオススメです。

また、人の品格も違うことに気付きました。バギオの人たちは非常に優しくて、タクシー乗った際のぼったくりなんてなかったです。雨はフィリピンのどこでも降りますので、ご心配なく。

それと、フィリピン留学する方にお伝えしたいのですが、人とのコミュニケーションや食事、部屋の環境は「日本」と違うということは承知した上で、フィリピンをお選びになった方が良いです。WIFIの質も常に良いわけではありません。でも、これがフィリピン留学の醍醐味ではないでしょうか。全てを完璧に求めるなら他の国へ留学をされた方が無難でしょう。

さらに、バギオでしたら最低限のルールを守ってさえすれば、快適に生活することができます。例えば、貴重品の管理は徹底する。女性の方は、夜は一人で出歩かない。といった具合です。

日本とは違う認識さえあれば、きっと素晴らしい留学生活が待っています。
ぜひ、あなただけの留学生活を過ごして欲しいと思います。

まとめ

いかがでしたか?

コトヨさんが話されている言葉の中には、日本との文化の違いや当たり前が通じないことを経験することで、人は成長できるというメッセージが込められています。英語学習面においても、日本とは違った英語環境が容易に作れることによって、留学の醍醐味を知ることができたと思います。

いろんな留学地がありますが、フィリピンではあなたの想いを形にできる場所があるのかもしれません。もし、あなたがフィリピンでの英語学習に挑戦したいと思うのなら、ぜひバギオという場所を選択肢の1つにして頂けたら幸いです。

コトヨさん、今後のご活躍をご期待しております。

コトヨさん2

 

追記:コトヨさんにアジア最大級のショッピングモールであるモールオブアジアを案内してもらいました。とにかく見る建物が大きくて、スケールが大きい!楽しい時間を過ごすことができました。フィリピン留学を考えている方は、ぜひ一度は訪れてもらいたい場所です。

モールオブアジア


コメントを残す

*