スタッフ 紹介|私たちがあなたをサポートします!

スタッフ

初めての海外留学は緊張するもの。そんな時、学校の スタッフ の顔が事前に分かっていれば安心できますよね。

そこでこのページでは、Baguio JICの日本人スタッフをご紹介したいと思います。

現地スタッフも過去に様々な違った経験を持っています。全ての人が初めから英語が話せたわけではありません。

勇気を持って海外への一歩を踏み出し、挫折を繰り返しながら英語を学び続けてきたスタッフたちだからこそ、あなたの立場になった親身な相談相手になれるのです。

どんなスタッフがあなたの留学生活をサポートしてくれるのか、早速チェックしてみましょう。

Baguio JICの スタッフ を紹介

CCO(チーフ・カルチャー・オフィサー)

Takashi

氏名 光本 孝
 ニックネーム  Takashi
 出身地  山梨県

こんにちは。Baguio JICで日本人スタッフをしているTakashiです。

私の主な仕事は、企業コンセプトの提唱、お客様のサポート、学生マネージャーのケア、留学代理店様の対応、現場で改善すべき点を洗い出し、幹部と連携して様々な問題解決をする役割を担っています。

そんな私も、実はBaguio JICの卒業生です。

留学の目的は、人それぞれですよね。なので、もしあなたがフィリピン留学を考えているのであれば、バギオはきっとあなたを応援してくれる場所になるはずです。

ぜひ、お待ちしております!

※タカシさんの学校紹介動画は、こちらからご覧になれます。

学生マネージャー

Taro

氏名 加藤 太郎
 ニックネーム  Taro
 出身地  北海道

Baguio JICではフィリピンで数少ないIELTSに力を入れている学校であり、Power speakingコースではワーキングホリデーに向けての授業であったりTOEICコースも充実していて、生徒さんに合った幅広く対応してくれる学校となっています。さらにもう1つのIB校舎ではスパルタ方針となっており勉強漬けの毎日が送れると思います。

こういった多くの面で魅力を感じ、Baguio JICでIELTSの生徒として、3ヶ月間過ごし卒業後に、学生マネージャーとなりました。

学業面だけではなく、学校生活、生徒さん同士でのコミュニケーションなどさまざまな形でみなさんをサポートできたらいいなと思っています。

ぜひ一緒に厳しいながらも楽しく、素敵な思い出を作りましょう。

まとめ

いかがでしょうか?

彼らがあなたの留学生活を支えるBaguio JICの日本人スタッフたちです。

韓国人スタッフしかいない学校や、学生マネージャーしか滞在していない学校では大きな問題が起きた時に手の行き届いた対処が現実的に難しいものです。

当校には、日本人スタッフが常駐しており、いざという時も迅速にあなたのサポートができる体制を整えてありますので安心してお越しください。