卒業生インタビュー

タカシさんの留学体験談|留学に興味があるなら是非挑戦してもらいたい|

タカシさんの留学体験談

パワースピーキングキャンパスに24週間留学した タカシさんの留学体験談 です。

タカシさんは、大手小売企業に務めたものの自分が定年まで働くことがイメージできず、海外へ飛立つことを決心しました。まだ、日本で馴染みのなかった【フィリピン留学】に挑戦しようと思ったのはなぜなのか、ご紹介致します。

タカシさんの留学体験談 をシェア

留学を決意した理由

私が留学を決めた理由は、今後の日本社会で英語が必要不可欠になってくると考えたからです。

大学生の頃に、両親から英語を学ぶべきとのアドバイスをもらっていたのですが、その頃はなかなか決心ができず、社会人への道を選択しました。しかし、社会人となって働いていくうちに、未来の日本社会は暗いなと思う出来事がたくさんあったのです。

例を挙げると、超高齢化社会、過疎化の増加、雇用の減少、給与の減少、ブラック企業といったマイナス要素が目立ち、日本が下落していく一方だと感じたのです。果たして、私を含む20代以下の世代は、何を目標として夢に向かっていけばいいのかと考えた結果、世界に視野を向けていくべきだと思ったので、留学を決心しました。

JICで英語を学ぼうと思った理由

1つ目は快適な環境があると思ったからです。最初は、イロイロ島、セブ島と悩みましたが、JICがあるフィリピンのバギオという街は、1年中を通して気温が安定し、過ごしやすいという声を留学エージェントから聞きました。また、セミスパルタ制度にも魅力を感じました。

2つ目は留学費用が安かったからです。

3つ目は日本人マネージャーが駐在していることです。初めての留学だったので、緊急時のことを考えて日本人マネージャーが駐在しているJICを選びました。困ったことがあれば気軽に話ができますし、何より安心できることが一番大きな理由です。

実際に留学して見た感想

初めて訪れた時に、バギオは本当に涼しいところだなと感じました。朝と夜は少し肌寒いかもしれませんが快適に過ごせると思います。

次に、授業内容ですが、私のプランは1対1の授業が2コマ、グループ授業が2コマあります。1対1の授業は、自分次第の工夫で楽しくもなり、英語力を身に付けることができる授業だと感じました。相性の良い先生が見つかれば、相乗効果でやる気が増して授業に取り組むことができると思います。

そして、グループ授業は多くても5人くらいで行われます。先生の問いに対して、生徒同士で会話し、解答します。分からない時も先生や生徒に助けてもらいながら、英語を学ぶことができます。

グループ授業も先生によって雰囲気が違うと思いますので、自分が学びたいグループ授業を選ぶことをお勧めします。

卒業後の目標

私の今後の目標は、フィリピンで英語の基礎を磨いたら、海外で働いてみることです。ワーキングホリデーに挑戦し、さらに英語力を身に付けたいと思っています。

自分自身の熱意を世界の人達へぶつけていきたいです。翻訳機能があるスマートフォンのアプリケーション等はたくさんありますが、果たしてそれだけで十分に熱意が伝わるかどうかは疑問に思います。

そして、自分のオーナー会社を持ち、世界の人達へ幸せを与えるビジネスをしたいと考えています。

今後留学を検討している方へのアドバイス

もし、留学に興味があって挑戦したいと思っているなら、ぜひ挑戦してもらいたいと私は思います。

なぜなら、私自身も学生の頃に躊躇してしまった時期がありましたが、こうして実際に留学をしていて毎日を過ごしていけばいくほど、留学を始めて良かったと実感しているからです。

留学生たちは、いろんな目的をもって留学に来る人達ばかりですし、留学を始めるきっかけは人それぞれだと思います。ぜひ、あなたもJICをきっかけに世界に羽ばたいてみてはどうでしょうか。

お互いに頑張っていきましょう。

まとめ

タカシさんの留学体験談 はいかがでしたか。

バギオで留学をすることで、自分の中で何かが変わるきっかけを掴めるはずです。

決してその努力は怠ってはいけない、そんな姿勢をタカシさんから学ぶことができます。


コメントを残す

*