スタッフブログ

これでもう安心! 入国審査 完全対策マニュアル

入国審査 完全対策マニュアル

フィリピン留学をする際、最も緊張する場面のひとつが 入国審査 です。

日本のパスポートは信用性が高いので、何も質問されずにすんなりと入国できることが多いですが、いざ何か質問されたときに英語が分からないとあたふたしてしまうでしょう。

恐らく、海外旅行に慣れていない人は、愛想のない顔でしかも英語で容赦なく質問を浴びせてくる入国審査の係員に恐れさえ抱くこともあるはずです。

そこで今回はフィリピンの入国審査で緊張しなくて済む様に、聞かれる可能性の高い質問とその答え方をお教えします。いざパニックになったときも使えるようにノートにメモしておくことをおすすめします。

第一関門 資料の提出

入国審査時の資料提出時に注意すべき3つのこと

入国審査の際にまず初めに行うことは必要書類の提出です。 主に次の3つの書類を提出することになります。

1.パスポート

まずはパスポートです。 フィリピンには有効期限が6ヶ月以上+滞在期間の期限が残っているパスポートでないと 入国ができませんので、出国前にしっかりチェックしてください。

2.Eチケット

二つ目は、Eチケットです。 帰国便もしくは第三国へ抜けるチケットを確認するために必要です。

実は、フィリピンは往復チケットか第三国行きのチケットがなければ 入国が認められません。 チケットを買う段階で十分注意しましょう。

3.入国カード

入国カードは、飛行機の中で渡されます。

入国の手続きに戸惑わないように なるべく飛行機の中で書いておくようにしましょう。万が一、渡されなかった場合は入国審査カウンターの近くにも置いてありますのでそこから入手して記入するようにしてください。

JALのホームページで入国カードの書き方についてとても詳しく解説していたので参考にしてみてください。

フィリピン入国書類の書き方をチェック

第二関門 入国審査 官からの質問

よく入国審査官から質問される項目がある

日本のパスポートは信頼性が高いので 何も聞かれずに素通りできることが多いですが、 ごくたまにいくつかの質問をされることがあります。 ただその質問にはパターンがありますのでここでご紹介します。

よくある質問その1:滞在目的について

Q. What’s the purpose of your visit? (何の目的できましたか?)

A. Sightseeing(観光です。)

ここでは、観光と答えておけばいいでしょう。

よくある質問その2:滞在日数について

Q. How long will you stay in the Philippines?(どれぐらいの期間滞在しますか?)

A.(例)8weeks.(8週間です。)

滞在期間を答えましょう。これは 30日以上フィリピンに滞在する人がよく聞かれる質問です。フィリピンでは30日までビザの延長なしで滞在することができます。しかし、 30日を超えて滞在する場合は、地方のイミグレーションにてビザの延長手続きをしなければなりません。ビザの延長手続きは、学校側が代理で行うのでご安心下さい。

これと関連して次の質問をされる可能性もあります。

よくある質問その3:滞在先について

Q. Where are you going to stay?(どこに滞在しますか?)

A. Baguio (バギオです。)

バギオという地域名を答えるか、 もしくは学校のアドレスを答えてもいいと思います。 これはあくまで形式的な質問なので マニラにある適当なホテルの名前を覚えておいて伝えるのもよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

入国審査のときに英語を上手く話せず緊張してしまう気持ちは分かりますが、あたふたし過ぎて不振人物に見られては損です。

どんなことが聞かれるのか事前に準備して対策をとっておくことで 過剰に緊張しなくて済みますのでここに書かれていることをしっかりチェックしておきましょう。


コメントを残す

*