スタッフブログ

これで安心!留学に役立つおすすめ 国際キャッシュカード

国際キャッシュカード

留学にいくら現金を持参すればいいか分からない人も多いのではないでしょうか?あまり多すぎても心配ですし、少なくても何かあったときに不安ですよね。そこで今回は、 バギオ留学 中に万が一現金が足らなくなったという時のために準備しておいたほうが 国際キャッシュカード をお教えします。

いざという時のためにしっかりと現地でお金に困らないようにするための知識を身に付けておきましょう。

いざと言うときに役立つおすすめ 国際キャッシュカード

1.楽天デイビットカード

まずおすすめするのが、楽天銀行のデイビットカードです。

海外でも、楽天銀行に預けている預金口座から現地通貨で引き落としが可能です。インターネットで残高の確認ができるので、しっかりとお金の管理をしながら使うことができるのも魅力です。またクレジットカードの昨日も付帯しているので、例えば、レストランで食事をした後、手持ち資金じゃ足りなかった!なんてときにも対応できる、使い勝手がいいカードですね。

仮に現地で現金がなくなっても、楽天口座にお金を蓄えておけば対応できます。万が一のときは、日本にいるご両親などに楽天銀行口座宛に現金を振り込んでもらうことも可能ですね。

持っていて損はないカードと言えます。

2.新生銀行国際キャッシュカード

新生銀行のカードといえば、国際キャッシュカードの定番ですね。

円の預金口座から現地通貨が引き出せるなど、内容は楽天銀行のカードとあまり変わりありません。

ただ、ひとつ注意しなければならないのは、口座開設直後は出金限度額が0円に設定されているため、事前にインターネットが電話で限度額を解除しておく必要があることです。

これを忘れると、いざ海外のATMで出金を試みてもお金が引き落とせないと焦ることになります。

楽天デイビットカードと新生銀行の国際キャッシュカード、フィリピンで中・長期の留学を検討されている方は、どちらか一方は持っておくと良いでしょう。

知って得する国際送金|番外編

国際送金SBIレミット

これはあまり知られていない手段だと思います。

SBIレミットはフィリピン向けの海外送金で恐らく最安値の手数料で送金できる手段です。フィリピン向けで10,000円以下の送金なら、わずか480円の手数料で送金ができます。

振込み送金、ネット送金、コンビニ(ファミリーマート)からの振込み送金など色々な送金手段が選べますが、ネット送金が一番便利です。SBI証券のネットバンクに口座を開設し、そこにお金を振り込むと会員サイト上に入金が反映され、送金の手続きができます。

受け取り手は、送金時に入力する個人情報と照合するための身分証と照合ナンバーを、金融機関で提示し現金を受け取ります。マネーグラム社と提携するすべての金融機関でお金が受け取れます。

※さらに詳しい情報は、SBIレミットのホームページをご覧下さい。

バギオにもマネーグラム社と提携している銀行はかなりありますから、お金の受け取り場所には困りません。ただし、楽天銀行か新生銀行の口座をもっていれば、ほとんど使うことがない手段だと思います。

例えば、カードの暗証番号が分からなくなって、お金が引き落とせなくなったというときなどに使える手段かもしれません。万が一のために用意しておいて損はないでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

いざというときバギオでお金に困らないようにする方法がお分かりいただけたと思います。

海外での生活は不安も多いです。貴重な留学期間を有意義に過ごすために、万が一の状況に備えてしっかりと情報収集や準備をしておくことが重要です。留学に関する情報を調べる中で、お金のことまではあまり頭が回らないかもしれませんが、こういった情報をもとに対策をとっておくことをおすすめします。


コメントを残す

*