留学体験談

やらなかった 後悔 は時間が経つほど大きくなる

後悔

留学に行く前は不安な気持ちになるものです。自分が本当に英語を伸ばせるのか、言って 後悔 しないだろうかと皆が考えるものです。

今回は、日本人学生のミナさんの体験談をご紹介いたします。

フィリピンで他の学校で学んだこともあるミナさんが当校に対してどのような印象を持ったのか素直に書いていただきました。

この記事は、留学を迷っているあなたに勇気を与えることでしょう。

日本学生ミナさんのインタビュー

Q1. 英語力にどれぐらいの変化を感じますか?

もともとコミュケーションはとれるくらいの英語力があったのですが、留学前と比べると、プレゼンテーションで自分の意見を自信を持って伝えたり、ディスカッションで自分の意見を短時間でまとめて討論したりする力は身に付いたと感じました。

Q2.先生の質は、高いですか?また、なぜそう感じますか?

高いと思います。実は他に3つフィリピンの語学学校に通ったことがあるのですが、JICの先生が私には一番合っていました。

ある意味優しくないというか、ぐいぐい引っ張っていってくれる先生が多かったように思います。

もしくは生徒の性格に合わせるのが得意な先生が多いのかもしれません。

Q3.寮での生活は快適ですか?また、なぜそう感じますか?

快適でした。気候的にも過ごしやすいですし、4人部屋は広くてキッチンもあるので皆で楽しくラーメンをつくって食べたのも良い思い出です。

各部屋にウォーターサーバーがあるのもすごく便利だと思います。トイレとシャワーが別なのも私にとっては大事だったのでよかったです。たしかに、蟻やヤモリはたまにいましたけど、どこの学校でもいるのでそこはあまり気にしなかったです。

Q4.Baguio JICを勧めるとしたらどんな人に勧めますか?

アットホームな環境を求める人

人数が少ないのと、日本人韓国人半々くらいの比率で、みんな仲が良いです。

真面目に勉強したい人、英語を学ぶ目的や何を伸ばしたいのかがある程度明確な人

マンツーマン授業は特にカリキュラムが決まってなくて自由なので、やりたいことをやらせてもらえます!

積極的な人または積極的になりたい人

グループ授業でも全員ほぼ強制的に意見を求められます。

プレゼンもやりたい人が適当に生徒と先生を呼んでやったりします。でも、皆が仲良しなので私はあまり緊張せずディスカッションやプレゼンができました!

高すぎるテンションが苦手な人

フィリピン人はフレンドリーで明るい!というイメージありますが、バギオの方々は、思ったより落ち着いていました。もちろんフレンドリーではあるのですが、あまりガツガツしていません。

おかげで私も自然体なテンションで毎日授業を受けられました。

Q5.最後に今後留学を考えている人にメッセージをお願いします!

Experience is the best teacher! やりたいならやってみるべきだと思います。

本当に行きたいなら、お金がない、時間がないという理由であきらめるのはもったいないです。私も時間がなくてお金もなかったので、休学してお金も貯金を崩して来ました。全く後悔はないですし、むしろお金と時間をここに使って大正解だったと思っています。

でも、学校によってカリキュラムや環境が全然違うので、体験談を読んだり、経験者に相談したりして自分に合った学校を見極めるべきだと思います。

やってしまった後悔は時間が経てば小さくなるけど、やらなかった後悔は時間が経つほど大きくなると思います!ぜひやりたいことには挑戦してみてください!

まとめ|マネージャーからのコメント

いかがでしたか?

ミナさんの体験談からは、行動を起こすことの大切さを学ぶことができます。

いつになったら英語が話せるようになるかは、正直誰にも分かりません。しかし、行動を起こしてみなければ結局話せるようにはならないのです。

この記事を読んでくれたあなたが、行動を起こした人にだからこそ語れるこの言葉をしっかりと受け止めて、一歩踏み出す勇気を得られたら幸いです。


コメントを残す

*