スタッフブログ

絶対に覚えておきたいバギオでの ATM の使い方8の手順

ATM

留学生活でのお金の引き出しで不安に思いますよね。バギオでも国際キャッシュカードやデイビットカードを使って ATM からお金を引き出すことができますが、表記が英語だし使い方がよく分からないという方も多いはずです。

そこで今回は、皆様にバギオに来たら知っておきたいATMの使い方をご説明します。

バギオでの ATM の使い方8の手順

まずはATMの会社を覚えよう!

ATMこの中でも、Metrobank、BPIのATMが対応している国際キャッシュカードが豊富です。

手順1:カードをセット

今回は、MetrobannkでのATMを例に現金を引き出してみます。

まずは、カードをセットします。このときカードの裏面に「Plus」というマークが書かれていることをチェックしてください。それがないと海外のATMではキャッシングができません。

PLUS (プラス)とは、銀行のオンラインシステムで、全てのVISAクレジットカードデビットカードVISAトラベルマネーのようなプリペイド型カード、それに世界中の主要銀行が発行したPLUSのロゴが示されているキャッシュカードに対応している。VISA PLUSとして知られている。
ウィキペディアより引用

ATM

手順2:PINナンバー(暗証番号)の入力

カードの暗証番号(PINナンバー)の入力を求められるので、入力します。
カードを作る際に設定した4ケタの暗証番号を入力してください。

ATM
手順3:WITH DRAW CASH(現金引き落とし)を選択

暗証番号を入力し終わると、メニューが表示されますので、WITH DRAW CASH(現金引き落とし)を選択します。

またFast Cashでもお金の引き落としが可能です。Fast Cashの場合、500ペソから10,000ペソまでいくつかの選択肢があり、その中から引き出したい金額を選択するようになります。
ATM

手順4:引き落としの形態を選択する

次に、引き落としの形態を問われるので、SAVINGS(預金)を選択します。クレジットカードで引き出す場合は、CREDIT CARDを選択して下さい。
ATM

手順5:金額の設定

次に、いくらを引き出すのかを入力する画面になります。今回は、10000ペソ引き出してみます。

金額を入力したら、YESを選択します。因みに、フィリピンでは1日に引き出せるお金に限度があり、ほとんどのATMの上限は10,000ペソまで引き落とすことが可能です。
ATM

手順6:手数料についての説明

次に「お金を引き出すにあたって200ペソ(約500円)の手数料がかかります。よろしいですか?」との注意書きが出てきます。

ここは、そのままYESを選択しましょう。

補足ですが、こまめにお金を引き出すのは手数料が無駄になってしまいます。滞在する期間を考えて多めに引き出すことをお勧めいたします。
ATM

手順7:処理の進行

手数料の解説が済むとお金を引き出す処理に入ります。画面に「Your transaction is being processed.(処理が進行中です)」と表示されます。少し待ちましょう。
ATM

手順8:引き出し成功!

何事もなく処理が進行するとお金とご対面です。これでATMからお金を引き出すことができました。ATM

バギオのATMでの引き落としもこれでもう安心

いかがでしたか?

初めての留学生活では、ATMも英語表記で混乱してしまうかもしれませんが、この手順通りにやれば、あなたも海外のATMからお金を引き出すことができます。

留学前の方は、カードの暗証番号を忘れないように控えておくようにして下さいね。


コメント

コメントを残す

*