英語学習

日常会話でめちゃくちゃ使える3つの比較級について学ぼう!

日常会話でめちゃくちゃ使える3つの 比較級 について学ぼう!

英語で人や物を比較する際に用いる 比較級 。受験英語で馴染みのある人も多いのではないでしょうか。

実は、比較級は頭では分かっているつもりなのに意外と会話やライティングで使えていない英文法のひとつです。

そこで今回は比較級のおさらいをしていきます。この記事を参考にして、今まで理解しきれていなかった部分を学習し、比較級を用いて作る使える慣用句なども覚えればあなたの会話力、表現力は更に伸びることでしょう。

as~as(同格)

例文①:John can run as fast as Paul.(ジョンはポールと同じぐらい早く走れる。)

例文②:Could you call me back as soon as possible?(出来る限り早く電話の折り返しをもらえますか?)

例文③:Manila is twice as large as Baguio.(マニラはバギオの2倍ほど大きい。)

同格を用いると「~と同様に~」という文章を構成することができます。

例えば上記の文章で仮にポールはすでに足が速くて有名だと言う前提条件があった場合、あえて比較対象を用いることでジョンがいかに早く走れるのかを印象付けることができます。

例文②の「as soon as possible(出来る限り早く)」は日常会話やメールでもとても使える慣用句もですのでチェックしておきましょう。略して「ASAP」なんていうこともあります。

例文③のように、as~asの前にtwice、3 times、halfなどを用いて「何倍(半分)~である」という文章を作ることも可能です。

また、not as ~as~ とすると「~より~でない」という表現になります。

例文:I am not as tall as Mile.(私はマイクほど背が高くない。)

形容詞/副詞(+er) + than(比較)

例文①:His car is bigger than mine.(彼の車は私の車より大きい。)

例文②:Time is more important than money.(時間はお金よりも重要だ。)

2つの対象を比較し「AよりのBのほうが~である」という文章を作る際は、上記のように形容詞/福祉(+er)+ thanの形を用います。形容詞または副詞の種類によって、後ろにerを伴うものと、手前にmoreを付けるものとに分かれます。例えば、importantやinteresting、beautifulなどのように長めの形容詞は手前にmoreを用いる場合が多いです。

最上級

例文①:Jim is the oldest player in this team.(ジムはこのチームで一番年上の選手です。)

例文②:Mt.Fuji is the biggest mountain in Japan.(富士山は日本で一番大きな山です。)

例文③:Aston Martin is one of the most expensive car in the world.(アストンマーチンは、世界で一番高価な車のひとつです。)

複数(3つ以上)の人・物の中で1番という表現をしたいときは、最上級を用います。「the+ 形容詞の最上級(-est)」がメインの形になります。

単に1番という表現だけでなく、例文③のように、「~の中で1番~の人・物のひとつだ」という表現にも用いることもできます。例えば、「Angelina Jolie is the most beautiful woman in the world.(アンジェリーナ・ジョリーは、世界一美しい )」という表現だと、もうアンジェリーナ・ジョリー以外は認めないというぐらいのニュアンスですが、「Angelina Jolie is one of the most beautiful woman in the world.(アンジェリーナ・ジョリーは、世界一美しい女性の一人だ。 )」だと、他にも不特定多数の美しい女性がいることを認めたうえで、アンジェリーナ・ジョリーがその中の一人であるというニュアンスになります。

例文④:Here is highest point in this mountain.(ここはこの山で一番高い地点です。)

ただし、上記のように、ひとつのもののなかで「一番~だ」と表す場合にはtheを用いないなど細かいルールもあります。

まずは、基本的な最上級の使い方を覚え、活用し、細かい知識を少しづつ付け足すようにしていくと良いでしょう。

形容詞の変化の形

規則的な変化をするものの代表例

通常 比較 最上級
 large(大きい)  lager  largest
tall(高い)  taller  tallest
cool (寒い)  cooler  coolest
long(長い) longer longest
 rich(お金持ち)  richer  richest
 old(古い)  older  oldest
 happy(幸せ)  happier  happiest
 easy(簡単)  easier  easiest

不規則な変化をするものの代表例

通常 比較 最上級
many/mush(たくさん) more most
good(良い) better best
bad(悪い) worse worst
 little(少しの)  less  least

moreやmostを伴うもの

通常 比較 最上級
 beautiful(美しい) more beautiful most beautiful
 interesting(興味深い) more interesting most interesting
 important(重要) more important most important
 difficult(難しい) more difficult most difficult
 different(異なる) more different most different
 famous(有名な) more  famous most famous
 expensive(高価な) more expensive most expensive

比較級や最上級を用いた日常会話で使える慣用句

Prefer A to B

意味:BよりもAを好む

例文:I prefer football to baseball.(私は野球よりもサッカーを好む。)

no less than = at least

意味:少なくとも

例文:I have no less than (at least) 5000PHP now.(私は今少なくとも5000ペソは持っています。)

sooner or later

意味:遅かれ早かれ

例文:I will follow you sooner or later.(遅かれ早かれ君の後に続くよ。)

all the 比較級+because ~

意味:~の理由で、ますます~

例文: I love her all the better because she is so kind.(私は彼女が優しいのでますます彼女が好きになりました。)

まとめ

いかがでしたか?

日常生活の中で人や物を比較し表現し、文章を構成しなければいけない場面に遭遇することは多いものです。加えて、用いる頻度やチャンスが多いにも関わらず、正しく使えている生徒さんは少ないです。

この記事をきっかけに再度比較級について学びなおし、さっそくスピーキングやライティングの授業で使ってみるようにしましょう。


あなたはまだ効果のない英語学習を続けますか?

あなたは、日本人の英語が伸びない理由を知っていますか?ほとんどの日本人が少なくとも6年間は学校で英語を学んでいるにも関わらずまったく英語が話せません。その理由がなぜだか分かりますか?その答えをお届けするために、Baguio JICがあなたあなたの英語学習を劇的に変えるE-Bookを作成しました。このE-Bookを読めば、最低でも次の3つのメリットが得られます。

①英語学習に対する考え方が変わる

②効率よく英語を勉強する方法が分かる

③フィリピン留学を最大限に活かす戦略が立てられる

本気で英語を学びたいと決意したあなたを信じて、私たちはこの情報を無料でお届けします。無料E-Bookをダウンロードして英語を使いこなす残りの1割に仲間入りしましょう。

ダウンロードページへ

コメントを残す

*