英語学習

必見!英語の動名詞を使いこなすために覚るべき3つのこと

必見!英文法の 動名詞 を使いこなすために覚るべき3つのこと

動名詞は、多くの学生が混乱する英文法の一つです。英文を読んでいて「どうしてこんなところにingの入った単語がくるんだ!」と疑問に思った経験があなたにもあるのではないでしょうか?そこで今回はそんな疑問を解消するために 動名詞 について解説していきます。

日本語上での訳が同じなため不定詞とも混同しやすく、何かと厄介な動名詞ですがしっかり使い方とルールを覚えてしまえば、日常会話でもライティングでもあなたの表現力を伸ばしてくれる強い味方になります。

この記事を読めば、動名詞の使い方のテクニックをしっかり覚えることが出来き、英会話やライティングに活かせる文の引き出しが増えると共に、リーディングで動名詞を伴う文が出てきた際の混乱も減り英文が読みやすくなるでしょう。

動名詞 とは?

動名詞は「動詞+ing」を名詞の前に用いて、名詞と同じ役割を果たすような文を作るテクニックです。「~すること」と訳します。下記の例文を見てみましょう。

例文:Making music is my dream. (曲を作ることが私の夢です。)

Making musicという形を作り「曲をつくること」という意味なるような分を作っていますね。これが動名詞です。

動名詞で押さえるべき3つのポイント

動名詞がどんな働きをするのか理解すること。

これはリーディングで動名詞を含む文に出会ったときにあなたの中に起こる「なんでBe動詞もないのにing形がここにあるんだ?」という疑問を解消することに繋がります。

動名詞を用いる際にいくつかのテクニックがあることを覚える。

動名詞には大きく分けて、表現したい文によって使い分けられる3つのテクニックがあります。動名詞の意味上の主語、受動態で用いる動名詞、完了形で用いる動名詞です。これはこの次の章でひとつずつ解説していきます。

必ず動名詞を用いる動詞を覚えること

動詞の中には必ず背後に動名詞を伴うものがいくつか存在します。代表的なものでは「keep (on)」(続ける)「avoid」(避ける)などがあります。

「She keep on talking when she get drunk.So you should avoid drinking with her as long as you can. 」(彼女は酔うと喋り続けるんだ。だから、彼女と飲むのは避けたほうがいいよ。)といった感じで使えます。

以前の記事で、動名詞を伴う動詞で実践でも頻繁に使えるものを集めた記事を書きましたので、それも参考にしてみてください。

すぐに使える!動名詞が後ろにくる動詞まとめ

動名詞の意味上の主語

名前だけみると何のことだかさっぱり分かりにので、例文を見ながら解説していきます。

例文②:I am sure of him appreciating you.(彼があなたに感謝してるのは確かだ。)

これらの文は前置詞(atやofなど)をthatに置き換えて、その後に「主語+動詞」をもってきて「I am sure that he is appreciating you.」も意味が通じます。

ここで覚えるべきポイントは次の2つです。

動名詞の主語は所有格か目的格で表す!

動名詞の主語は所有格か目的格となり、前置詞と動名詞の間に置かれます。これを英文法では意味上の主語と呼びます。ただ「意味上の主語」という名前は覚えなくてもいいので、単純にそうなるのだと受け入れて使ってみた下さい。

所有格と目的格はとは何かと言葉で説明するとややこしくなると思いますので下記の図が参考になるはずです。小学生や中学生のころ「アイ、マイ、ミー」と言わされ続けてきたあれのことです。

主格 所有格 目的格 所有代名詞
 I my  me  mine
あなた you  your  you  yours
 he  his  him  his
彼女  she her her hers
 それ  it its it
他名詞  Terry Terry’s Terry  Terry’s
私たち  we our us ours
彼(彼女)ら/それら  they their them their’s

前置詞の後には必ず動名詞が来る!

be afraid of ~ ~を恐れる
be interested in ~ ~に興味がある
insist on ~ ~を強く主張する
be proud of ~ ~を誇りに思う
be ashamed of ~ ~を恥じる

上記のように前置詞と共に用いる動詞の後に動詞を起きたい場合は、必ず動詞を動名詞に置き換えなければなりません。

例文①:I am afraid of him being so selfish. (彼が自分勝手な人間になることを恐れている。)

例文②:My son is interested in becoming a doctor.(息子は医者になることに興味を示している。)

例文③:I am proud of him telling truth.(彼が真実を話していることに対し敬意を表します。)

受動態(受け身)と共に用いる動名詞

受動態は「be+過去分詞」という型を用いて「~される」という文を作るテクニックでしたね。それを動名詞を使っても応用することができます。下記の文が分かりやすいのでしっかりチェックしましょう。

例文①:I am afraid of being bullied. (私はいじめられるのが怖いです。)

例文②:I am proud of her being nominated by Oscar.(私は彼女がオスカー賞にノミネートされたことを誇りに思うよ。)

例文③:I insisted on him not being misunderstood.(私は彼に誤解されないようにと強く言ったの。)

例文③では否定形を用いていますが、動名詞を否定する場合は前置詞の後ろ(もしくは〔代〕名詞がある場合はその後ろ)にnotが入ります。

完了形と共に用いる動名詞

完了形と共に動名詞を用いる場合、キーワードになってくるのが時制です。時間の流れを細かく表現しなければなりません。例えばどんなことかと言うと

例文①:I am proud of him having told truth. (私は彼が、以前、真実を話していたことを誇りに思います。)

例文②:He insisted on having told truth.(彼は、自分は真実を語っていたと主張していました。)

例文③:I was ashamed of having been cheated on. (私は、浮気をされていたことがとても恥ずかしかった。)

例文②と③を見ていただくと分かりますが、2つの過去の時制について語っています。これを大過去と呼びますが、完了刑と動名詞のテクニックを用いて中々表現が難しい、時制絡みの文を作るための引き出しも増えますね。

時制については、以下の記事を参考にしてみて下さい。

【永久保存版】12種類の英語の時制を徹底解説

まとめ

いかがでしたか?

動名詞の内容やそれを使う際のテクニックをお分かり頂けたと思います。

多くの英文法でもいえることですが、動名詞でもあまり「なぜそうなるの?」と深入りしないほうがいいです。素直に「動名詞はこういった昨日を果たすのか」と受け入れ、使えるようなることを心がけましょう。

何度も言いますが、大切なのは使えるようになるまで自分の中に落とし込むことです。英文法の知識を学んで分かったつもりになっていたけれど、実践で全然使えていないという人はかなり多いです。動名詞を口語でつかえると英語をしっかり理解している人という感じが出せますのでしっかり身に付けるようにしましょう。

英文法は受身で学ぶものではなく、使ってこそ始めて効力を発揮するのだと覚えておきましょう。


まだ効果のない英語学習を続けますか?

あなたは、日本人の英語が伸びない理由を知っていますか?ほとんどの日本人が少なくとも6年間は学校で英語を学んでいるにも関わらずまったく英語が話せません。その理由がなぜだか分かりますか?その答えをお届けするために、Baguio JICがあなたあなたの英語学習を劇的に変えるE-Bookを作成しました。このE-Bookを読めば、最低でも次の3つのメリットが得られます。

①英語学習に対する考え方が変わる

②効率よく英語を勉強する方法が分かる

③フィリピン留学を最大限に活かす戦略が立てられる

本気で英語を学びたいと決意したあなたを信じて、私たちはこの情報を無料でお届けします。無料E-Bookをダウンロードして英語を使いこなす残りの1割に仲間入りしましょう。

ダウンロードページへ

コメントを残す

*