留学体験談

「おばあちゃん英語話せてカッコいいね」|チロさんの留学体験談

chiro1

今回の記事では、2014年12月から12週間バギオJICへ留学をしてくれた チロさんの留学体験談 をご紹介します。

なぜ、バギオに留学をしようと思ったのか、日本人マネージャーのタカシがインタビューしてきました。

実は、ここ3週間ほど素敵な旦那様と一緒にバギオを旅行をしていたとか。

そんなチロさんの留学体験談をご覧ください。

チロさんの留学体験談

なぜ、留学をしようと思ったのでしょうか?

私は、個人的に旅行するのが好きで、年に1、2回は海外旅行をしています。ある時、海外旅行をしていた時に、海外に住んでみたいと思いました。

だけど、英語が話せない自分がいたので、英語が話せるようになればもっと楽しい旅や生活ができるようになるのだろうなと思いました。だから、語学留学をしようと決意しました。

留学する前の不安は、ありましたか?

留学する方は、若い人が多いという印象があったので、授業についていけるか正直不安でした。

なので、当時お世話になった代理店様にお願いして、バギオの学校をいくつか下見させてもらったのです。とにかく全部みましたね。

バギオJICをお選びになった理由はなんでしょう?

当時、語学力がなかった私にとって厳しく教えられるのは嫌だったので、適度な緩さもあるセミスパルタキャンパスとお部屋(学生寮)の印象が良かったことが、決め手でした。中でも、特にセミシングルルームが印象的だったのを覚えています。

chiro2

実際に来てみて、留学前の不安と何かギャップはありましたか?

当時、私と似た様な性格の日本人留学生がいたこともあって、楽しく話もできたし、外出する時も気軽に声をかけることもしていました。

でも、その方が卒業してからは、若い人が多くなったので輪に入っていくのは遠慮していたんです。

今思えば、もっと他の生徒と話をしておけば良かったのかなと思っています。

学生マネージャーさんによくしてもらったこと、先生たちが温かく迎えてくれたことが、留学生活の支えになりました。また、勉強しようと思う学校です。

英語学習の成果は、どうでしたか?

英語のレベルの大きな変化は、さほどなかったのですが自分にとって必要な英語の勉強方法がわかりました。また、多国籍な友人が増えたのも一つの成果といえます。

一番大きかったのは、当時の学生マネージャーさんに「3ヶ月だけで英語学習が終わりだと思ったらダメですよ」と言ってくれたおかげで、日本に帰国しても自主的に英語学習に取り組むことができています。本当に感謝しております。

chiro3

正直、1日8時間の英語学習はしんどくなかったですか?

そんなにしんどくなかったですね。当時は、ウォームアップ ESLコースもなかったでしょ?8時間がしんどいかどうかもわからなかったです。

だから、マンツーマンを6時間とグループクラス2時間を受けられるプログラムBを選びました。実際に受けてみると、8時間が自分にちょうど良かったので、追加のクラスはしませんでした。

こればかりは、個人差があると思いますので、今ならウォームアップESLコースを同世代の方にはオススメしたいです。

それから、私のように英語学習初心者の方には、文法を日本語で理解しておくことで、さらに学習効果が上がるでしょう。わからないことがあるときは、日本語で聞いて日本語で教えてくれる日本人専用ナイトクラスがベストです。

これから留学をご検討の方へメッセージをお願いします!

バギオは治安も良し、物価も安い、さらに乾季の時期(10月下旬〜5月中旬)にくれば更に過ごしやすい点があるのが特徴です。

あとは、食事でしょうか。韓国資本の学校は、韓国料理がメインですけどお口に合わない方もいらっしゃると思います。

なので、日本からふりかけやお茶漬け、お吸い物といった少し味覚を変えられるインスタント食品を持ってくると、より快適に過ごせると思います。

それと、パワースピーキングキャンパスは自炊もできますので、バギオで食材を買って、日本の調味料と一緒に調理することもできます。当時、お正月に鍋パーティーを留学生たちとしたのを思い出します。バーベキューができる場所もあるのも、料理好きな私にとってはお気に入りです。

BBQ1

最後に、今後の目標があれば、ぜひ教えて下さい。

孫がいるのですが、「おばあちゃん英語話せてカッコいいね」と言われる様に、英語学習を続けます。

料理も好きなので、英語のお料理本を理解できるようになって、料理の知識も広げたいと思っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

チロさんは、留学前の不安を感じながらも、実際に来てみれば英語学習を楽しんだ様子が伺えました。

それには、日本人スタッフがいるならではのケアがあり、先生たちの温かい迎えがあったからこそ、実現できたことなのでしょう。

もともと、海外旅行が好きだった性格もあるかと思いますが、JICを卒業してからより行動的になってくれた印象です。

これから、旦那様とパラワンにも向かうというチロさん。すごく楽しそうな顔をされていました。

私も行ってみたいパワランに向かうなんて羨ましい限りですが、今後も充実した生活を送って頂けることを願っております。

chiro-teacher


コメント

  1. 森薫 より:

    タカヒロさん
    久しぶり。
    藤田さんに下記メールしたけど返事がない。
    下記手配できますか?

    藤田さん
    ご無沙汰してます。
    その後いかがお過ごしでしょうか。
    私は相変わらず風来坊で過ごしています。
    また来年もJICで英語の勉強をしたいと考えてます。時期は3月24日からですが1人部屋とりあえず5週間手配できますでしょうか?
    個人レッスンはベンジャミン指名でお願いします。

コメントを残す

*