Baguio JIC について

jic

Baguio JIC はフィリピンの富裕層が集まる避暑地バギオという地域に校舎を構える英語語学学校です。

このページでは、当校が存在する理由や歴史、具体的な強みなどを解説していきます。

学校の基本情報

学校名 JIC Tutorial Language Inc.
設立年度 2006年
理念 「欧米への架け橋となる」というコンセプトのもと、英語教育プログラムをご提供し、フィリピン留学を経て世界に羽ばたいていける人材を輩出する。
代表 イム・ボヒュク(韓国人)
日本人スタッフ 正規スタッフ 1名、学生スタッフ 1名
所在地 #73&74 Del Nacia Apt Upper West Camp7 Kennon Road Baguio City, Philippines
政府許認可 AAF-06-159,TESDA(NTR07-14-03-1-418)
学生の国籍 日本人 35% 、韓国人 40%、台湾人 15% ベトナム人5% 中国人5%
最大定員 140名

CEOからあなたへメッセージ

CEO

なぜ英語学校を始めたのか?

きっかけは自己体験から

もう10年近く前のことです。私は妻と一緒にオーストラリアに移住する前の準備学習のつもりでフィリピンを訪れ、英語を学び始めました。

そしてその際、フィリピンの英語教育の質の高さにとても感銘を受けたのです。

フィリピンで英語を学んでいくうちに私の心の中で「こんなに素晴らしいチャンスをもっと多くの人に知ってもらいたい」という想いが強くなり、当校をきっかけに多くの人の人生を変えるきっかけを作れるのではないかという確信が芽生えました。

妻を説得しオーストラリア行きを断念

その後、妻をなんとか説得し、フィリピン留学の聖地バギオで「欧米への架け橋となる」というコンセプトのもと、Baguio JICを開校しました。たった1人の生徒から始まった学校も、今では多くの従業員、お取引様、留学生様から支えられ成長して参りました。

これからもBaguio JICは、英語教育を通して1人でも多くの方に”架け橋”を作って参ります。

Baguio JIC の特徴とは?

1.確実に英語が伸びる学習戦略(JIC Strategy to Accurate Improvement)

2つのステップからなるブリッジ戦略

大きく分けて2つのステップから成り立っています。

ステップ1では、英語学習初心者の為に向けた基礎的な英語コースをご用意しています。
平日の外出が禁止され1日最大13時間の英語学習時間を確保できるIntensive Basicキャンパス、各コースによってマンツーマンの時間が異なるPower Speakingキャンパス、の2つのキャンパスを運営し異なる授業スタイルをご提供しております。

ステップ2では、専門的なカリキュラムを主に3つご用意しております。IELTSスコア取得を目指したい方へのIELTSコース。ワーキングホリデーに行かれる方へのワーキングホリデー準備コース。TOEICスコアを取得した方へのTOEIC英会話コースとなっています。

ブリッジ戦略のおかげで、あなたの学習ニーズに沿った英語学習環境をご提供することが可能となっています。

*詳しい解説はこちら

2.ゲストハウスのように快適な学生寮(Accommodation)

2つのタイプの異なる校舎を所有

当校は2つの校舎を所有しており、どちらの校舎も日々の留学生活を快適に過ごしていただける環境が整っております。

Intensive Basicキャンパスは、2014年に造られた生活感のある寮です。平日外出禁止のキャンパスとなっています。

Power Speakingキャンパスは、大人数でも窮屈さを感じさせない、4人部屋のメゾネット型(2階建て)が人気です。また、ゲストハウスのようなユニークなセミ・シングル部屋もご用意しているので、老若男女問わず人気を誇ります。また、トイレとシャワーが別々なのもオススメです。

さらに、お部屋にキッチンが付いているのもポイント。
長期滞在者でも満足できるクオリティーです。こちらは平日も外出可能です。

*詳しい解説はこちら

3.格安の留学費用(Affordable Price)

安い値段で結果が出せる

留学費用は他の学校と比べお手頃な設定になっています。そのため、確実な英語力向上をお手頃な価格で手に入れることが可能です。

加えて、事前オンラインレッスンやユニークな割引キャンペーンも随時実施していますのでそれをうまく活用して更にお安く留学ができます。

確実に英語が伸び、快適な留学生活を送ることができる上に値段がお手軽なのも魅力のひとつですよね。

*詳しい解説はこちら

満たせる5つのニーズ

1.嫌でも英語環境に縛られたい

Intensive Basic キャンパスがおすすめ

英語が全く話せないけど、短期間で最低限のコミュニケーションがとれるぐらいまで英語力を付けたいというあなたにおすすめです。平日の外出禁止に加えて、毎日の単語テスト・強制自習時間が嫌でもあなたを英語漬けにさせてくれます。

2.自分のペースで英会話力を伸ばしたい

Power Speaking キャンパスがおすすめ

近い将来ワーキングホリデーか世界旅行にいくつもりなので、最低限日常会話がこなせるぐらいの英語力を身に付けたいというあなたはPower Speakingキャンパスのバランス重視コースやマンツーマン重視コースがおすすめです。

グループクラスも8種類の中から選べますので、あなたの学びたい科目にフォーカスして学習計画が立てられます。

3.IELTSのスコアアップか上級レベルにステップアップしたい

IELTS目標スコア獲得コースがおすすめ

高校終了程度の英語力はあるけども、海外留学・移住を考えていて今よりさらに高いレベルの英語力を身に付けたいというあなたには、当校のIELTSコースがおすすめです。

IELTSの教育メソッドを用いて中級レベルから上級レベルに英語力を伸ばしたい方やIELTSのスコアアップを目指すなら、IELTS 目標スコア獲得コースか点数保証コースを受講しましょう。

詳しい解説はこちら

4.アットホームな環境が好き

中規模でアットホームな環境

規模が大きくて大人数の学校よりは、小規模でアットホームな環境が好きというあなたにも当校は最適です。各キャンパスの定員がそれぞれ70名ほどと中規模ですから、ほとんどの生徒と関わりを持つことが可能です。他の国の友達もたくさん出来ます。

国際色豊か。英語を取ってコミュニケーションを

グラウンドで講師と共にバスケットボールやバドミントンをしたり、週末に講師と一緒にグループで遊びに出かけたり、英語を使ってコミュニケーションをするチャンスが毎日あります。

5.正規の日本人スタッフがいる学校がいい

正規日本人スタッフが常駐で安心

当校には、正規の日本人スタッフが働いていていますので万が一トラブルがあったときのサポートもしっかりしています。

学生マネージャーしかいない学校では、決定権や裁量が少なく何かトラブルが起きても対処が遅れてしまう場合が多いものです。当校では、正規の日本人スタッフが学校運営幹部や校長と直にやりとりをするので、問題解決をサポートできます。

まとめ

Baguio JIC についていかがでしたか?

当校が存在する理由や歴史、具体的な強みなどがしっかりとお分かり頂けたと思います。

学校選びで大切なことは、学校がどんな教育サービスをどんな理念を持って提供しているのかをしっかりチェックすることです。ただ単に授業数や授業の種類だけを見るのではなく、その学校が英語教育に関してどんな理念や考え方、学習戦略を持っているのかを確かめることで本質が見えてきます。

加えて、学校で働く人材の質は、あなたの留学の質を大きく左右します。日本人の正規スタッフがいるのか、講師の採用やトレーニングはどのように行われているのかといった細かいポイントもチェックしておくと良いでしょう。

あなたが学校選びに迷われているのであれば、このページを参考にして下さい。