英語学習

日本人が苦手な LとRの発音 をたった1秒で使い分ける方法

LとRの発音

日本人が苦手な 発音 の代表的なものがLとRです。でも、実はこれ、ある方法を使えばいとも簡単に克服できてしまうのです。今回は、 LとRの発音 をたった1秒で使い分ける方法をお教えします。

この記事を読んでネイティブ並の発音を手に入れましょう。

なぜ LとRの発音 は難しいのか?

日本人が「L」と「R」の発音の使い分けが苦手なのは、Rの発音が日本語の発音にはないからだと言われています。日本語のラリルレロの発音は、英語表記すると「LA・LI・LU・LE・LO」という発音に近いのです。

そのため多くの人が「R」を発音すべきところで「L」を発音してしまいます。例えば、「Right! (その通り!)」という発音が「Light!(光!)」という発音になってしまうのです。

克服法はいとも簡単!

では、どうやったらその課題を克服できるのでしょうか。

答えは、いとも簡単。1秒で出来ます。

Rの発音をする前に小さな「ゥ」をつけるのです。

先ほどの「Right」の場合、「(ゥ)ライト」という発音になるよう意識しましょう。この時、「ゥ」の音は聞こえるか聞こえないか分からないぐらいの強さで発音することがポイントです。

Lに関しては、今まで通りに発音して大丈夫です。

練習が大切

いかがでしたか?

「L」と「R」の発音の使い分けは、非常に簡単にできることが分かっていただけたと思います。

ここでご紹介したのは、あくまでテクニックです。

練習を繰り返し、意識しなくても使い分けられるようにしていきましょう。

※ワンランクアップの英語発音.COMさんが運営するEnglish Pronunciation 英語の発音がよくなる10のコツというサイトが分かりやすい例題を用いて解説しているので、それを参考に練習してみてください。