卒業生インタビュー

青年海外協力隊をきっかけに真面目に英語を学ぼうと思った【IELTS】

青年海外協力隊をきっかけに真面目に英語を学ぼうと思った

今回は、IELTS目標スコア獲得コースにて2ヶ月間ご留学していただいたKUMIさんの留学体験談をご紹介します。

Baguio JICに留学される前は、青年海外協力隊で活動をしていたそうです。なぜ、彼女はIELTSを学ぶことになったのか直撃インタビューしました。

海外進学を考えている人には参考にしてもらいたい記事です。

真面目に英語を学ぼうと思った【IELTS】

 

Baguio JIC 光本
KUMIさん、本日はよろしくお願いします。
KUMIさん
こんにちは。よろしくお願いします。
Baguio JIC 光本
ご要望通りアイコンで登場しておりますので、安心してください。
KUMIさん
ありがとうございます(笑)

 

 

ご留学される前について

Baguio JIC 光本
まず、留学される前は何をされていたのでしょうか。
KUMIさん
青年海外協力隊でケニアに住んでいました。
Baguio JIC 光本
ケニアに!?滞在はどのくらいですか?
KUMIさん
2年間です。

 

 

英語学習に興味を持ったきっかけとは?

Baguio JIC 光本
すでに国際的な活動をされていたわけですね。

いつから英語学習に興味を持つようになったのですか?

KUMIさん
実は、中学・高校・専門学校時代は、英語が大っ嫌いで避けていたんです(笑)

その後、看護師として働いていたのですが、激務で疲れてしまい「看護師」という仕事に興味がなくなってしまいました。。。

Baguio JIC 光本
激務が続きすぎると精神的に崩壊しますよね。お気持ちわかります。

その後、どうされたのでしょうか?

KUMIさん
その後は、休職の意味を込めて、オーストラリアにワーホリし、バックパッカーとしてもアジアを回ったんですね。

それをきっかけに、いろんな人に出会ったことで海外に興味を持ち、看護師として途上国で働いてみたいと思うようになりました。

Baguio JIC 光本
激務を経験していながらも、やっぱり看護師だったんですね。なぜでしょうか?
KUMIさん
旅先で出会う人や海外の環境を見た時に、常に「看護師の視点」だったんです。

例えば、病気の人や物乞いの人たちが気になったりすることが多くて、「この人たちに何かできることはないだろうか?」と考えるようになりました。

ということは、自分が歩むべき道はやっぱり看護師ではないだろうか と思ったわけです。日本に戻った時は、視点を変えながら看護師の仕事を全うしました。

そして、お金を貯めて大学に編入し、学士と保健師の資格を取得したんです。

Baguio JIC 光本
海外に出たことによって、自分自身を見つめ直すきっかけを得たようですね。

 

 

IELTSを取得したいと思ったきっかけとは

Baguio JIC 光本
いつからIELTSを取りたいと思ったのでしょうか?
KUMIさん
青年海外協力隊でケニアに滞在している間に出会った人たちの影響が一番大きいです。
Baguio JIC 光本
ボランティアのメンバーはキャラが濃そうですね!
KUMIさん
めっちゃ濃いです!現地に住みながら会社設立している人やNGO組織を管理している人など、とにかく刺激を受ける人たちばかりでした。

そのような方々と話をしてると、もっと勉強しないといけない!っと思うようになったんです。

将来的に途上国で働くのだったら日本の大学では物足りないと感じまして、海外進学をしようと決断しました。

なので、「いつか海外進学したい」という理想から、「私でも海外進学できるんだ!」という考えになれた、数々の出会いに感謝しています。

 

 

IELTS of Baguio JIC

IELTSを学びにBaguio JICへ留学!

Baguio JIC 光本
どこでフィリピン留学の情報を知ったのでしょう?
KUMIさん
青年海外協力隊で知り合った人たちの中に、「フィリピンのバギオは、スパルタな英語学校が多い環境だ」という情報を持っている人がいたんですね。
Baguio JIC 光本
あら!そうでしたか。
KUMIさん
はい。なので、真面目にIELTS学習をしたいと決めていたので、バギオエリアの中でもIELTSに定評のあるBaguio JICを選びました。
Baguio JIC 光本
実際に留学されてみて、Baguio JICの留学環境は不便じゃなかったですか?
KUMIさん
快適でしたよ!いつもケニアと比べてしまうので、全然不便ありません!(笑)

 

 

Baguio JICの2人部屋

Baguio JIC 光本
よかったです(笑)滞在されていたのは二人部屋でしたよね?
KUMIさん
そうです。シャワー・トイレは別々だし、ウォーターサーバー・WIFI・冷蔵庫・コンセントもあったので問題なかったです。市内に行けば、生活用品もすぐに手に入るし、困ることはないと思いますよ。

 

 

IELTS book of Baguio JIC

Baguio JICの学習環境について

Baguio JIC 光本
Baguio JICの学習環境については噂通りのスパルタでしたか?
KUMIさん
間違いないです。マンツーマンスタイルでスピーキングとライティングが2時間ずつ、リスニングとリーディングが1時間ずつと、日本では到底実現できないであろう英語環境に身を置けたと思っています。

また、夜には強制単語テストと強制自習をやらなきゃいけないのもきつかったですね。ストレスが溜まりましたが、今思うと乗り越えられた達成感でいっぱいです。

1日のスケジュールについて↓【IELTSコースの方】

IELTSのタイムスケジュール

 

今後の目標について

Baguio JIC 光本
今後の目標は、海外進学に必要なIELTSスコアの取得でしょうか?
KUMIさん
そうですね。まだ簡単に目標スコアを取れるようにはなっていないので、引き続き学習していきます。
Baguio JIC 光本
海外でのキャンパスライフは楽しそうですね。私も海外進学してみたいなぁ〜。大変かとは思いますが頑張ってください!
KUMIさん
  ありがとうございます。

 

 

これからIELTSを学びたい人へアドバイス

Baguio JIC 光本
最後にKUMIさんから、IELTS学習初心者に向けてアドバイスをお願いします。
KUMIさん
正直、日本で教材等を買ってみようと思いましたが、IELTSの教材はほとんどありません。また、環境も日本ですのでそこまで身になりません。

なので、まずは基礎文法知識(高校生終了程度)を身につけてからIELTS学習に取り組むことをオススメします。

Baguio JIC 光本
ありがとうございます。何事も基礎は大切ですね。

 

まとめ

KUMIさんのインタビューはいかがでしたか。

学生時代は英語が大嫌いだったKUMIさん。

そんな彼女も、社会人経験をした後、ワーホリとバックパッカーという手段を選び、日本から飛び出しました。そして、新たな人たちとの出会いの中でたくさんの気づきに触れたことが、人生のターニングポイントだったことでしょう。

みなさんの周りにも、気づきを与えてくれる出来事がきっとあるはずです。

もし、それで留学が必要であれば、Baguio JICを検討してみて下さい。

〜あなたの挑戦を支えます〜

KUMIさん、インタビューにお応えしていただきありがとうございました。