卒業生インタビュー

海外のホテルで働いてみたいと思ったから【IELTS】

story-of-tatsu

今回は、IELTS目標スコア獲得コースにてBaguio JICに3ヶ月ご留学してくれたTATSUさんの留学体験談をご紹介いたします。

海外のホテル で働いてみたいことから、IELTSを勉強しようと思ったそうです。

日本人スタッフが直撃インタビューしました。ご覧下さい。

海外のホテル で働いてみたい
TATSUさんの留学体験談

・留学される前は日本で何をしていましたか?

外資系のホテルで働いていました。

・英語はすで使われていたのですね?

はい。大学時代にTOEICを学習をしていたので、リーディングとリスニングは慣れていました。

・そうなんですね。じゃあ、英会話もそれなりにできていたと?

それが、思ったようにスピーキングができなくて。。。

いわゆるインプット(読む・聞く)には長けていたのですが、アウトプット(書く・話す)がだめだめでしたね。

なので、留学しないとアウトプットは鍛えられないと思い、仕事を退職して留学しようと決めました。

海外のホテル

・フィリピン留学を選択した理由はなんでしょう?

【費用】と【マンツーマンクラス】が豊富なところです。

・IELTSを学びたいと思った理由を教えてください。

大学を出た時には、すでに海外でのホテルで働いてみたいとは思っていました。

さきほど言ったように日本にある外資系ホテルで働いてみたんですが、やっぱり本場で活躍したいなと。。。

そのワクワク感に従っていたら、いつのまにかIELTSについて調べていたんです。

IELTS of Baguio JIC

・なぜ、Baguio JICをお選びに?

最初は自分で調べていたんですけど全然わからなくって。。。セブ、マニラ、バギオなどたくさんあるじゃないですか。

なので、留学代理店に相談したところ、「バギオ」を勧めて下さいました。特に、【治安の良さ】と【気候の涼しさ】は他の地域と比べてもバギオにしかないということがよくわかりました。

バギオに絞ったのち、マンツーマンスタイルでIELTSカリキュラムを構成しているBaguio JICを紹介してくれたのがきっかけです。

これだけの授業量があるうえに、値段も格安なところがよかったです。

(当校のIELTSコースの値段についてはこちらから↓↓↓)

関連記事:Baguio JICの留学費用

・しかし、フィリピンに対して悪いイメージは持っていませんでしたか?

実は、持ってました・・・(笑)

正直に言ってしまうと、テロやスリしかないというイメージしかなかったです。

しかし、実際にバギオにきてみると代理店の説明通りで、治安の良さを感じれました。

バギオJICキャンパス風景

・IELTSを学習している中で、ここが苦労したなという点はありますか?

スピーキングですね。最初はお手上げ状態でした。。。

特に、普段考えていないような問題が出たりすることに四苦八苦していましたね(泣

・それは、どんな問題でしょう?

例えば、「もし、あなたがアプリケーションを作れるなら、どんなアプリケーションを作りますか?」といった質問です。

結局、言葉に詰まってしまって解答できなかったんですね。。。

担当講師の模範回答は、「元々あるアプリケーションの名前を出して、より改善したものを作ってリリースさせる」ということを教わりました。あ〜なるほどなと。まだまだ修行不足です。

最終的に、スピーキングスコアを3.5から5.0まで伸ばせることができたので素直に嬉しいです。

IELTS speaking hours output

※(上の図は、当校のIELTS生徒が授業中にどれだけスピーキング時間を持てるのか、他の学校様と比較したものです。当校のIELTSコースは基本マンツーマンクラス6時間で構成されています。これだけでも、かなりのアウトプット時間が確保できることがおわかりになるはずです。)

・IELTSは機転が利いた回答ができるかどうか、知識の豊富さも問われますよね?

はい。Takashiさんの言う通りです。

まず、様々な情報に触れることが大事だと思います。自分の興味あること以外も。。。

加えて、IELTSはイギリス英語がメインになりますので、BBC(イギリスのニュース番組)などを聴いて、ブリティッシュサウンドに慣れておくことが必須かと思います。

実際にBBCニュースをみてみよう

こちら世界で一番高速でバイオリンを引くことができる”Ben Lee”さんがBBCニュースに出演した時の映像です。ご本人及びニュースキャスターはイギリス人です。ブリティッシュサウンドを聞いてみましょう。

 ・ふと思いましたが、これまで日本で受けてきた教育の中で【幅広く関心を持たせる】機会なんてあったでしょうか?

そう言われると、なかったです。

日本だと教科書に沿って授業するだけで終わり。テストも内容を暗記して答えるだけですよね。

暗記力向上には貢献するかとは思いますが。。。

個人的な意見ですが、「ある問い」に対して多様な答えを導く・認めるという概念が抜けているかと思います。想像力が豊かにならないといえば良いでしょうか。あれ、なんでですかね。。。

・他に日本はちょっとここがおかしいと思うことありますか?

ありますね。

例えば、外食でレストラン等に行った際、「日本はやりすぎだな」って思います。

なんだろう。サービスはとても良いんですけど、【個性】を感じないんですよ。

「規則に従って仕事してるだけだな、この人」という雰囲気を感じざるを得ませんね。

JICパワースピーキングキャンパス

・Baguio JICでの評価を10段階とするとどのくらいでしょうか?

7点/10点という評価をさせてください。

というのも、先生から英語の勉強だけでなく、私生活に関してもいろいろとアドバイスを頂けたことがとても印象に残っています。すごくよかったですよ。

・ご卒業後は何かプランはありますか?

カナダにワーキングホリデーで行く予定です。もちろん、IELTSも引き続き学習していきますよ。

ゆくゆくは、コミュニティカレッジに入学・卒業したのち、カナダで勤務したいと思います。

・最後に、フィリピン留学でIELTSに挑戦したい人にメッセージをお願いします!

IELTSはTOEICと違って難しいです。

留学前にIELTSの問題形式など少し触れておくだけでも留学中の学習効率は違ってくると思います。

TOEICであれば700点以上はないと厳しいです。実際に、私がTOEIC720点を持っていたのですが、それでもIELTSの学習に苦労していますので。。。まだまだスタート地点ですよ。。。

なので、いきなり英語初心者がIELTSに挑戦するのは無謀ですので、Baguio JICで基礎を鍛えてからIELTSに挑戦されるべきだと思います。

関連記事:フィリピン留学の効果を高める ために日本ですべきこと

まとめ

TATSUさんのインタビュー記事はいかがでしたでしょうか。

大学時代から英語には触れていたものの、日本では英語を話す機会が少なかったTATSUさん。

しかし、Baguio JICでの留学をきっかけに夢が現実へと一歩近くなった様子です。

このまま自分の「夢」に突っ走ってほしい!

TATSUさんインタビューにお応えしていただきありがとうございました。

story-of-tatsu