【バギオ留学生必見】バギオからマニラ空港に直行する便利な高速バス

バギオ留学を終えたら、多くの学生は卒業後マニラの空港まで行って帰路の飛行機に乗ることでしょう。その場合、どのような交通手段を使えるのか分かりませんよね。

この記事は、そんな疑問を持つ人に役立ちます。

バギオからマニラ空港に行くための最良の選択肢は「Joybus」という高速バスになります。

ここからはJoybusについて詳しく解説していきます。

Joybus(ジョイバス)とはなにか?

Joybusは、ジェネシスという大きなバス会社が運営している高速バスです。バギオからマニラ空港までノンストップで直行する超便利なバスになります。

マニラ空港に帰るならこのJoybusが一番コスパがいい選択肢です。

クラスにもよりますが、デラックスタイプは4列シートでトイレ付、プレミアムタイプは3列シートでトイレ付となります。クラスは、スケジュールによって変わってくるので、自分が出発したい時間帯がどれかでバスのクラスが変わってきます。

上の時刻表に「 NAIA 1,2,3,4」と書いてあるものがありますで。これがマニラ空港行きのバスです。1から4の数字はターミナルを表します。

皆さんが帰りに使う航空会社がどのターミナルから出向するのかを調べて、そのターミナルに行けるようにチケットを買いましょう。

チケットの値段は、デラックスで800ペソぐらいで、プレミアが1000ペソぐらいです。

※Joybusの時刻表は頻繁に変わります。上記のものはあくまで例として考えてください。

チケットはいつ、どこで買えるのか?

バギオからマニラ空港行きのJoybusのチケットを買うには、バス停にある窓口に直接足を運分必要があります。オンラインでは購入できません。(謎)

場所は、SMモールのすぐ近くにあるバス停になります。

タクシードライバーには「Joybus Station Please」 と言えば通じます。

チケットが買えるタイミングは、自分が出発したい日から逆算して2週間と考えると良いでしょう。

あまり先の予定だとチケットを買うことができません。

チケットブースに並んで、担当者に出発したい日付と時間を伝えると、小さな用紙を渡されるので、その用紙にある項目に従って、ご自身の名前や連絡先、行き先などを記入します。

そして、席が空いていたら、予約完了となります。

料金は、予約の際に支払います。支払いは現金(フィリピンペソ)のです。

バスの出発時間の選び方

どの時間のバスを買えばちょうどいいのかという疑問もあるでしょう。

まずは、バギオからマニラ空港までの所要時間は、約5時間と見積もっておきましょう。

例えば、あなたの帰りの飛行機が昼の14時のフライトだとしたら、空港には最低でも3時間前についていたほうがいいので、11時にはマニラの空港につく計算でバスのチケットを購入する必要があります。

バギオからマニラ空港までの所要時間は約5時間と考えると、朝5時のJoybusに乗ったらちょうどいい時間で渡航できると判断できます。

Joybusは何が特別なのか?

最後にJoybusは他のバス会社と比べて何が特別なのかを解説していきます。

① マニラ空港まで直行する唯一無二のバス

バギオからマニラ空港のすべてのターミナルまで行くバスというのはJoybusを除いて他にないかと思います。

そのためほとんどのバギオ留学生が帰りにお世話になる交通手段と考えていいでしょう。

② トイレ付なのが嬉しい

長距離バスとなると一番心配なのはトイレですよね。

Joybusならバスの中にトイレが付いていますから急にもよおしても心配することはありません。

③ コスパがいい

クラスによりますが、値段が800ペソから1,000ペソほどとかなりリーズナブルです。(ちなみに、バンを一台はいやーしたら約13,000ペソぐらいかかります。)

ほとんどのバスが社内で充電もできます。またお水やお菓子などももらえます。

ガイドさんもちゃんと同乗していて、空港が近づくと教えてくれて、乗り過ごす心配も少なくなります。

良質な値段で快適にマニラ空港まで行けるコスパの良さはかなりの魅力です。

まとめ

いかがでしたか?

バギオからマニラ空港に買える際には、Joybusを使うのがかなり賢い選択肢です。

チケットは2週間前ぐらいからしか変えないのと、最近は席が埋まってしまうのも早いため、ある程度余裕を持ってチケットを購入しに行くことをおすすめします。

また、ネットフリックスなどを使用されている方は、映画やドラマを何本もダウンロードしておいて移動中に観ていたりするとあっという間に空港につきます。

ぜひ、参考になれば嬉しいです。^^