英語が上手くなるには「〇〇」の習得が近道かもという話

・英語がうまく話せるようにならない

・考えがうまくまとまらず言いたいことが伝わらない

・意見やアイデアなどを聞かれた時黙り込んでしまう

・コミュニケーションがうまくいがずモヤモヤする

英語を学ぶ中で上記のような悩みに直面していませんか?

もしかしたら、その悩みの原因は英語力だけではなく、”言語化能力の不足”にあるかもしれません。

今回は、一生懸命勉強しているのに英語が上手く話せずに悩んでいるあなたのために、その悩みの解決に役立つかもしれない「言語化能力の強化」について書いていきます。

英語が上手くなりたいなら「言語化能力」を鍛えよう

英語がうまく話せるようになるためには、文法や単語の勉強だけではなく「言語化能力」も鍛える必要があります。

言語化能力とは、簡単にいうと「自分の考えやアイデアを相手が理解しやすい表現で伝える力」です。(論理的に伝えられる能力とも言えるでしょう。)

皆さんが考える「英語がうまく話せる状態」というのは、具体的にいうと「自分の言葉でスムーズに英語でコミュニケーションが取れる状態」を指しませんか?

そう考えると、どれだけ英文法や語彙を学んでも、主体となる「自分が伝えたいこと」を日本語ですら言語化する力がなければ、自分の言葉で伝えたいことを英語で伝えるというのはとても困難なことですよね。

そのため、言語化能力を鍛えるアプローチが一見遠回りのようで、英語をうまく話せるようになるための近道になると考えます。

「英語が伝わらない」の3つのパターン

日本人が「英語が話せない」「伝わらない」と悩むとき、その背後にはいくつかのパターンがあると考えます。

① 日本語では説明できるけど英語にできない

日本語だったら具体的に伝えられるんだけど、英語に変換するのは難しい場合。

これは英語力がない状態です。この場合は、英文法や語彙を学び、考えを英語に変換するスキルを磨く必要があります。

② 日本語では説明できるし、英語にもできるけど伝わらない

日本語でも説明できるし、英語にもできる、でも伝わらないという場合。

このパターンでは、英語の文法や語彙を間違って使っていて(または上手く使えておらず)伝わらないか、もしくは発音が悪く伝わらないというパターンに分けられるでしょう。

この場合も、英文法や語彙を学び、考えを英語に変換するスキルを磨く必要があります。加えて、発音も鍛える必要がありますね。

ただ、「日本語だったら伝えられるけど英語にはできない」という点において①と共通項があります。つまり、①と②の場合は、英語の勉強を頑張ればいいことになります。

③ そもそも日本語でも伝えられないため英語にもできない

そもそも日本語でも伝えられない(当然、英語にも変換できない)という場合。

こちらは意見や考えを求められた時に、何となくアイデアや考えはあるものの、それを「言語化できない」という状態です。

この場合は、日本語でも説明するのが難しいということですから、それを英語にするのはもっと難しいです。

つまり、このケースにおいては、「言語化能力」を鍛える必要があると言えます。

1,000人以上の留学生を見てきた中での分析

私(野口)は、今まで1,000名以上の日本人留学生と交流をしてきましたが、「英語が話せるようにならない」と悩む方と話をするとき、この③の部分でつまづいている人がとても多いと感じています。

一般英会話だけでなく、IELTSにおいてスピーキングやライティングのアウトプット科目で伸び悩む人が多いのも、そもそも考えを論理的に言語化する力が不足しているためではないかと分析しています。

もし③の状態で悩んでいると気付いた場合は、英語学習に加えて「言語化能力」を鍛えるアプローチが有効と考えます。

言語化を鍛えるために有効な方法は?

では、「言語化能力」はどのように鍛えることができるのでしょうか?

以下に言語化能力を高めるヒントを学ぶのに役立ちそうな本とその概要説明動画を共有します。

言語化力 言葉にできれば人生は変わる(三浦 崇宏 )

言語化能力を鍛えることで得られる恩恵

言語化能力を高めることは「英語がうまく話せるようになる」ということ意外にも多くの恩恵を私たちに与えてくれます。

例えば、以下のような恩恵が考えられます。

・伝えたいことを具体的に伝えられるようになる(コミュ力が上がる)

・商談やプレゼン、提案など仕事にも役立つスキルである

・人を説得する力が増す

・考えがクリアになり行動や決断に移す際にモヤモヤや迷いが減る

このように「言語化力」を高めることは、仕事やプライベートにおいても役立ちます。つまり、人生の質を高めることにも繋がるので、英語学習と合わせて行う価値のあるトレーニングと言えるでしょう。

まとめ

英文法が英語学習の基本ということは事実ですが、英語をコミュニケーションスキルとして考えた時、「言語化能力」も目を向けるべき重要なポイントであると言えます。

あなたが英語を学ぶ本質的な目的は、「自分の言葉で多くの人と繋がるため」ではないでしょうか?

そのためには「自分の言葉(考え意見など)」を論理的に伝えられる術を身につけなければなりません。なぜなら、日本語ですら言語化が難しい以上、英語でそれを行うのはさらに困難だからです。

そのため、英語学習と合わせて、「言語化能力」を鍛えるトレーニングを積むことにより、コミュニケーション能力が上がり、最終的にはみなさんが望んでいる「英語力」(つまり英語でスムーズにコミュニケーションを取る力)の習得に繋がると考えています。

もし「確かに、そうかも。」と思ってもらえたらトライしてみてくださいね^^