海外から日本に国際電話をかけるなら「Skype」が便利

フィリピンから日本に電話をかけたいけど、現地のSIMカードだと国際電話ができない。どうしたらいいだろう…?

上記のような悩みを持っていませんか?

例えば、留学中に病気になってしまい、クレジットカードの保険を使用したいけど保険会社に事前に電話が必要という学生も多いことでしょう。

そんな時、現地のSIMカードを使っていると国際電話ができないし、日本のキャリアで国際電話を掛けれるとしても料金が高い場合が多いので抵抗があるはずです。

こちらの記事は、そんなあなたに読んでほしい記事です。

海外から日本に国際電話をかけるなら「Skype」を使ってみよう

結論から言うと、日本に国際電話をかけるなら「スカイプ」を使いましょう。使い方も簡単です。

① スカイプのアプリをスマホにダウンロード

② アカウントを作成

③ 以下のリンクからプランに加入

https://www.skype.com/ja/international-calls/Japan

④ 使用開始!

1ヶ月404円で固定電話と携帯電話に100分通話できるプランがおすすめです。今なら1ヶ月無料のキャンペーンがあるので、ただで使えます。

2024年6月18日現在だと、上記のプランが一番お勧め。

以下にスカイプのダウンロードや使い方、国際電話の掛け方など参考になる動画のリンクを載せます。

Skypeの使い方・始め方を日本一分かりやすく解説

便利アプリ Skypeの国際通話のかけ方

まとめ

国際電話というと高いイメージがありますが、月額400円ぐらいから使えるのであれば、そこまで痛い出費ではないかなと考えます。(しかも、1ヶ月無料)

クレジットカード会社や保険会社、航空券を買った旅行会社、日本の銀行などなど、意外とフィリピンから日本に電話をかけなければいけないタイミングって多いものです。

そんな時、Skypeを使えば低コストで簡単に国際電話ができるので便利です。

1ヶ月ごとの更新ができるので、留学が終わったら契約を切ってそれ以上の支払いが出ないようにすることもできます。

もし、クレジットカードの保険でバギオ留学中という人がいたら、ジャパニーズヘルプデスクのサービスを受けるには、クレジットカード会社への事前の連絡が必要です。そのため、スカイプのダウンロードと国際電話プランへの登録をおすすめします。

国際電話に困った人にお役に立てば幸いです^^